感染症で多いヘルペスについて簡単に学ぼう!

ヘルペスウイルスは、世界に約160種類も存在すると言われています。
ヘルペウイルスに感染すると、どんなことが起こるのか、少し物知りになってみませんか。
実はあなたの背後にも近づいているかも・・・知れません。

ウイルスと細菌の違いとは

ウイルスは、遺伝子が膜に包まれているだけといった、簡単な構造をした病原体です。
一方の同じ病原菌である細菌は、細胞をもった自己複製能力をもった微生物のことです。

ウイルスは非常に小さいうえ、単体で生きていくことができず、人間などの生物の中に潜り込んで増殖して生きていきます。

侵入された細胞はウイルスの増殖とともに破壊され、そしてまわりの細胞に移って増殖を繰り返すおとで、感染した部位の器官がうまく働くことができず、病気が発生します。

またウイルスは細菌のように抗生物質が効かず、有効な薬がありません。

ヘルペスウイルスが関係する病気に治療にはウイルスの増殖を抑える「抗ウイルス薬」を投与します。

ヘルペスの種類

地球上に存在する160種のヘルペスウイルスのうち、ヒトに感染するものは8種類あり、「ヒトヘルペスウイルス1~8(HHV-1~HHV-8)に分類されています。

以下の三種類に関しては、従来の呼び方も使われています。
・HHV-1・・・単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)
・HHV-2・・・単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)
・HHV-3・・・水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

ヘルペスウイルスは死滅せず、復活の時を狙っている

ヘルペスウイルスの初感染の時には、ウイルスの種類によって水ぼうそうや、発熱・強い発疹などの症状があらわれますが、一度免疫が作られると、ヘルペスウイルスの増殖は抑えられて症状が消失します。

しかし一度感染すると死滅することはなく、神経節の神経細胞の核の中に遺伝子の形で生き残ります。

そして何かのきっかけで身体の免疫力が低下すると活動を再開し、増殖をくりかえして症状が皮膚にあらわれてくるのです。

水痘・帯状疱疹ウイルスと単純ヘルペスウイルスの違いについて

両者共に幼児期に感染することが多いですが、水痘・帯状疱疹ウイルスは初感染の時は「水ぼうそう」、そして再発した時には「帯状疱疹」としてまったく異なる病気になります。

単純ヘルペスウイルスは初感染、再発共に変化はありませんが、初感染のみ症状が最も重くなるといった特徴があります。

単純ヘルペスは感染力が強く、逆に帯状疱疹はうつりにくいですが、水ぼうそうに罹っていないヒトにはうつります。

現代病でもある深刻な病気ヘルペス

近代は清潔志向が高まってきたこともあり、身の回りがきれいになってきました。

そこで子どものうちにきちんとした免疫を獲得することが減ってきているのも理由の一つなのです。

例えば水ぼうそう、昔は子どものうちに罹っていたものでしたが、最近では大人になってから罹る方も多くなりました。

水ぼうそうも単純ヘルペスも子どものころに罹ると軽症で済みますが、大人になってからですと重症化する危険があります。

帯状疱疹も単純ヘルペスも、早期発見早期治療を行うことにより再発防止をはかり、自分自身だけでなく自分の周りの方たちに感染を拡げないことがとても大切です。

ちょっとでも体調を崩した際には検査しよう

もしかすると、この症状は性病では?

そう思っても、なかなか病院にかかりにくいこともあって、気になりながらも放置してしまう人も少なくないようです。

確かに、他の病気と違い、性病は病院で診てもらいづらいというのが、その大きな要因でしょう。

ただ、検査を受けるのであれば、症状が出ているときの方が診断しやすいのです。

もし気になる症状があるのであれば、直ちに診断を受けるのが良いでしょう。

また、色々な種類の性病があり、ちょっと体調を崩したときに出やすいものなど色々です。

カンジダや膣トリコモナス、クラミジア、淋病、ヘルペス、尖圭コンジローマなど、様々な性病があり、放置すべきではない性病もたくさんあります。

診断を受けるのは恥ずかしがらずに、性病かもしれないと思ったら、すぐに病院で診てもらいましょう。

おそらく性病ではないだろうと自己判断するのではなく、多少でも心配に思ったら、早めに専門家に診てもらうことが大切です。

性病は特別な病気なのではなく、誰でもかかる可能性のある病気です。

放置しておくことで、自分だけではなく、性交渉を持った相手に感染させてしまうことも考えられますから、少しでも疑わしい症状があれば、できるだけ早めに対処することが望まれるのです。

色んな部位に感染してしまうヘルペス

ヘルペスという病気は聞いた事があると思いますが、意外にも性器だけではなく、様々な場所に出来てしまう可能性も高い病気なので、非常に気を付ける必要があります。

感染してしまった場所には細かい水ぶくれがたくさん出来てしまって、それが痛くなったり、痒くなるという情報なのですが、女性でも男性でも出来てしまう性病であり、カップルなどでしたらもちろん性行為をするので感染するという事もあります。

また、付き合って間もない人でしたらそのような性に関する事を知らない事もあったりするので、移ってしまったという問題を抱える人も多いのです。

このような場合は2人で治療に取り組まなければいけないので、移してしまった方も、移されてしまった方も病院で検査をして、治療に取り組むという事になります。

ヘルペスの検査料金は約4000円くらなのですが、クリニックなどでしたら保険外となるので、全額負担になります。

ヘルペスは性器に出来てしまう場合や、口などに出来る場合も多く、ビルヘキサル、バルトレックスなどのピルが処方される事も多く、患部に塗る事が出来る、ビルヘキサルクリームというもので治療していく方法も見られます。

どうしてヘルペスに感染してしまうのか?

どうして出来てしまうのか?など原因は様々なのですが、これだ!という原因は感染してから探す事は非常に難しいのです。

もちろん性器を清潔にしておく事も必要ですし、もし性行為をするならばその場所が清潔であるのか?という事も大事です。
また、繊細な場所でもあるので、どこまでケア出来るのか?という事が難しい事もあるのですが、ヘルペスかも?と思った際にはすぐに病院へ行くという事も大事でしょう。

悪化してしまう前に病院で検査する事が大事ですので、ヘルペスだから大丈夫などと勝手に決めつけないようにしてください。
また、カップルで感染してしまった際も、口などでしたらマスクをして過ごすようになど、工夫をしましょう。